2010年10月18日

美術模造刀剣 戦国武将 加藤清正拵

美術模造刀剣 戦国武将 加藤清正拵美術模造刀剣 戦国武将 加藤清正拵


美術模造刀剣 戦国武将 加藤清正
戦国の世を渡り、秀吉に仕えたという加藤清正。
朝鮮出兵の際にも、その武勇伝が残っており、現地の人から「鬼上官」と呼ばれたり、
「虎狩」をしたという有名な話がある。
刀剣も、決して派手でなく、機能性を追及したものを持ったようである。
上赤茶石目に菊鍔。
二重焼刃正国の写し拘りの薄刃仕上げ。

■刀身材質 合金鋳物(亜鉛ダイキャスト)
■サイズ 全長:110センチ 刃渡り:76センチ
■備考 ※掛け台は含まれません。
納品に時間がかかる場合がございます。
袋付 美術刀剣です。装飾としてご使用ください。
居合いはできません。

さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by sengoku at 19:00| Comment(0) | 戦国武将・模造刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。